松隈ケンタのプロフィールや経歴・スクランブルズとは?高校や結婚についても調査

作曲家

 



 

異色のアイドルユニットとして人気を集めているBiSHは、メンバー以外に楽曲の魅力でファンになった人も多くいると言われています。

そんなBiSHのすべての楽曲や、BiSHが所属している事務所のWACKに所属しているアイドルの多くの楽曲のプロデュースしているのが松隈ケンタさんなのです。

BiSHを知るまで松隈ケンタさんの名前すら知らなかったという人も多いでしょう。

今回は、BiSHなどの楽曲を手掛ける作曲家で音楽プロデューサーの松隈ケンタさんについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

松隈ケンタのプロフィールや経歴

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenta Matsukuma(@kentamatsukuma)がシェアした投稿

 

生年月日 1979年9月26日
出身地 福岡県
職業 作曲家・編曲家・作詞家・音楽プロデューサー
担当楽器 ギター

 

ロックバンドBuzz72+ (バズセブンツー)を率いて上京し、2005年にavex traxからメジャーデビューしました。

 

 

編曲家CHOKKAKUのプロデュースにより4枚のCDを発表し、バンドの活動休止後は作詞/作曲家として楽曲提供を始めています。

プロデューサーとしての特徴は、多人数のグループでも歌唱パートの大半をソロパートで構成し、ユニゾンが少ないことでも有名です。

それについて松隈さんは、

「ひとりひとりの唄を聴かせたいだけ。みんな頑張ってるのに、まとめてうたわせたら可哀想。」

「学生感、合唱部感をコンセプトや音楽的にユニゾンが必要な場合はいいと思います。 ただ、ディレクターの下手さ、REC時間の短縮を目的とした誤魔化すようなユニゾン手法が大嫌いなだけ。 下手でもいいから丁寧に音楽を作ってあげたい。」

と語っています。

楽曲制作は、まず各パートのトラックを完成させてから歌唱パートのメロディを作り上げる手法で、順番としては先に編曲、後に作曲という流れで、SCRAMBLESに所属しているクリエイター分業しているのです。

2018年プロデューサー年間ランキング23位。 好きなギタリストは、The Whoのピート・タウンゼント。

スクランブルズのYouTubeチャンネルでは、松隈ケンタさんのよるいいメロディの作り方やスクランブルズの歴史を積極的に配信しており、音楽に対する想いやスクランブルズという組織について語っています。

2020年 – 自身のバンドBuzz72+が13年ぶりにオリジナルメンバーで復活することが、松隈ケンタがラジオで告知しました。

Buzz72+の新曲もYoutubeで発表しています。

 

Buzz72+ – Beret city[Official Video]

 

松隈ケンタが所属するスクランブルズ(SCRAMBLES)

 

スクランブルズとは、2011年に松隈ケンタさんが発足したサウンドクリエイターチームです。

2012年からは、自主企画「ラボフェス」を月一回のペースで開催し、2013年からは、ラボフェスに続く自主企画イベント「サウンドスクランブル」を定期に開催しています。

2014年には松隈ケンタさん自らが代表取締役を務める株式会社SCRAMBLESを設立し、株式会社WACKとの共同イベント「SCRAMBLES & WACK FES」を渋谷Club Asiaで開催しました。

新人アーティスト、クリエイターの育成にも積極的に携わっており、2015年には東京・大岡山に「スクランブルズミュージックカレッジ(SMC)」を開校しており、翌年の2016年は東京・下北沢に「スクランブルズミュージックカレッジ下北沢校」を開校しています。

2018年に、地元福岡に活動拠点を移し、「スクランブルズ福岡スタジオ」を設立して、福岡の音楽を多数制作しました。

レコーディングブースやリハーサルスタジオ利用はもちろん、地元福岡のミュージシャンやアーティストを発掘し、福岡の音楽シーンを盛り上げる一翼を担っています。

2018年8月からFM Fukuokaで初冠ラジオ番組「松隈ケンタのスクランブルロックシティ」メインMCを担当しています。

「スクランブルプレイリスト」という、リスナーから募集している楽曲にコメントをする楽曲添削コーナーが話題を呼んでいます。

2019年には、福岡天神に「スクランブルズ天神オフィス」を設立し、さらに九州・沖縄在住限定レーベル「scramble edge」を発足し、プッシュしているアーティストを毎月1アーティストずつ配信デビューさせているのです。

 

スクランブルズとは、松隈ケンタさんが音楽に携わる活動拠点であり、松隈ケンタさんの音楽制作のチームでもあるということです。

 

スポンサーリンク

松隈ケンタが通った高校

 

松隈ケンタさんは、久留米工業高等専門学校に通っていました。

 

名前のとおり、工業系の学校ですが、一般的な工業高校とは違い、高専は入るのはどこもかんたんではなりません。

この学校も、国立の高専学校で、偏差値68のレベルの高い学校です。

高専なので、5年間通って卒業したということになります。

Buzz72+のメンバーでドラムを担当している轟隆さんも、この学校を卒業しています。

 

スポンサーリンク

松隈ケンタは結婚している?嫁はどんな人?娘がかわいい!

 

松隈ケンタさんは結婚しています。

 

しかし、奥さんについての情報は見つかりませんでした。

奥さんについてはの情報はありませんでしたが、娘さんがおり、その姿が、TwitterやInstagramにちょこちょこ出てきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenta Matsukuma(@kentamatsukuma)がシェアした投稿

 

まだまだ小さく、松隈さんもかわいくて仕方ないでしょうね。

小さい頃から音楽が身近にある生活をしているでしょうから、将来娘さんも音楽関係で活躍するかもしれませんね!

 

まとめ

 

BiSHから知った人は突如現れたような感覚の人も多いかもしれませんが、サウンドクリエイターとしてスクランブルズでの活動が、楽曲制作だけでなく、専門学校のような後進を育てることにも尽力しているというのは、かなり素晴らしいですよね。

そして地元の福岡を拠点にして、更に地元の若手を発掘しているというのも、ただ音楽をやっているだけでなく、地元や日本の音楽シーンに身を捧げているといえるでしょう。

BiSHが全国区になってきて、これからも更に活躍の場を広げていくかもしれませんね。

これからの松隈ケンタさんの活躍には、要注目です!

 

トップ画像引用元:Twitter

 

松隈ケンタさんが手掛けたアーティストなどについてはコチラ↓↓

松隈ケンタが手掛けたアーティストや曲はBiSHだけじゃない!動画まとめ

 

BiSHとBiSは別グループ!2つの違いや関係性・メンバーなどを簡単にまとめ

 

作曲家
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム