スポンサーリンク

小松美羽はハーフなの?経歴・出身高校や大学・結婚などについて調査!

アーティスト

現代アーティストの小松美羽さんは、20歳の時にプロの道に進み、これまでに多数の作品が日本ではもちろんのこと世界的にも高く評価されています。

そんな小松美羽さんにネット上では「ハーフではないか?」という噂があるようです。

今回は、小松美羽さんの経歴や出身学校などについて調べてみました。

 



小松美羽はハーフなのか?

 

 

小松美羽さんの顔がハーフのような顔立ちをしていることから、ネット上では「ハーフ?」という噂が流れていますが、ハーフではありません。

小松美羽さんは世界中で活躍されているため日本以外に滞在していることも多いですが、出身は長野県です。

両親については情報がなかったため詳細は分かりませんが、日本人ということなので「小松美羽さんはハーフ」ということはありません。

 

スポンサーリンク

小松美羽のプロフィールや経歴

 

https://twitter.com/Snufkinm1/status/1280135058645348352

 

名前:小松美羽
生年月日:1984年11月29日
出身地:長野県
血液型:O型
趣味:狛犬研究、温泉巡り、海外旅行
特技:薙刀

 

物心つかない頃から妹のために絵をかいていたという小松美羽さんは、生まれ育った長野県で様々な美術館に足を運ぶ中で画家という職業を知り、目指すようになったそうです。

そして20歳の頃に創り上げた作品『四十九日』がきっかけでプロの道を歩みだした小松美羽さんは、2009年に「美しすぎる銅版画家」と紹介されると、2014年5月、出雲大社に絵画『新・風土記』を奉納、同年9月に東京で初めて個展を開きました。

2015年には世界的に知られる英国の園芸の祭典『チェルシー・フラワー・ショー』へ有田焼の狛犬作品を出品、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げています。

2017年、台北で日本人が経営する銀座発・現代アートギャラリー「ホワイトストーン・ギャラリー台北」で大個展を開くと、1カ月間で来場者数は3万人、作品は完売するほど注目を集めました。

2019年には、HTCとのとコラボレーションしたVR作品『INORI~祈祷~』が、第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされました。

アクリル画、有田焼など様々な形で作品を作り上げることだけではなく、小松美羽さんの独特な世界観に国籍や世代を問わず多くの人々が魅了されています。

 

 

2020年24時間テレビチャリTシャツをデザイン!

 

 

2020年、小松美羽さんが『24時間テレビ43』のチャリTシャツのデザインを手掛けたことが発表されました。

描かれたテーマは「INORI FOR OUR PLANET」で、新型コロナウィルスの蔓延によって危機に直面した世界に向けて人々に祈りと希望を届けたいという思いが込められています。

小松美羽さんは、「我々が持続し、徳のある日々を送れますようにと私は祈りこのTシャツを製作しました」とコメントしています。

 

チャリTシャツの購入がコチラから!

 

小松美羽の学歴

 

小松美羽さんが通っていた学校について調べてみました。

 

小松美羽の出身高校

 

小松美羽さんは、長野県更級農業高等学校出身です。

 

 

高校時代は美大に通うために受験予備校に通っていたそうです。

あるインタビューで小松美羽さんは「恋をして酸いも甘いもという経験をしたわけでもない」と話し、学生生活を謳歌していなかったことを明かしていました。

 

小松美羽の出身大学

 

高校を卒業した小松美羽さんは、女子美術大学短期大学部に進学しました。

 

 

「女子美は入学後に専攻を決めることができるし、選択肢はいろいろと持っておいた方がいい。のびのび出来る環境で制作してみたら」という先生の言葉で美大に入ることを決めた小松美羽さんは、当初「版画をやる」とは考えていませんでした。

しかし授業で銅版画を見る時間があり、そこで銅版画の魅力に気づき「版画をする」と決意することができたそうです。

そんな大学時代については「いろんなことが学べ、楽しかった」と話していました。

 

スポンサーリンク

小松美羽は結婚している?

 

小松美羽さんは、現在独身です。

恋愛が苦手だそうで、過去には交際していた男性にゲームを渡し「これで時間を潰して」といい別れたことがあるそうですよ。

小松美羽さんは恋愛について「疲れるし、自分のペースを乱される」と発言していました。

そのため結婚願望もないようですね。

 

まとめ

 

小松美羽さんは「見た目が美しい」といわれることが多いのですが、その見た目だけではなく、彼女にしか出せない作風も魅力が溢れています。

世界が注目しているアーティストなので、今後も小松美羽さんの活躍が楽しみですね。

 

 

トップ画像引用元:Twitter