記事内にPRが含まれています。

加藤茶の実家は福島県?方言や本名・父親と母親や兄弟などについて

加藤茶の実家は福島県?方言や本名・父親と母親や兄弟などについて お笑い芸人
スポンサーリンク

「加トちゃん」の愛称で老若男女問わず親しまれている加藤茶さんですが、家族はどんな人なのでしょうか。

何故「加藤茶」という芸名になったのでしょうか。

今回は、加藤茶さんの実家や家族、芸名の由来などについて調べてみました。

加藤茶の実家は福島県

加藤茶さんは、3歳から高校生まで福島県福島市で育ちました

福島市はお父さんの故郷で、お父さんが病気になったことがきっかけで転居しています。

実家の詳しい場所は明かされていないため、分かりませんでした。

加藤茶の生い立ちは世田谷出身

1943年3月1日、加藤茶さんは東京府東京市世田谷区(現:東京都世田谷区)で生まれました

その後福島に引っ越しますが、5歳の夏の1か月間だけ、お母さんの実家・愛媛県新居浜市で暮らしていました。

少年時代は平泳ぎが得意で、中学生の時の全校水泳大会の自由形では他の選手が全員クロールの中、加藤茶さんだけが平泳ぎだったのにもかかわらず1着になったことがあるそうです。

1960年の正月に叔母に会いに上京した際に高校中退を決断、トロンボーン奏者を目指してスターダスターズのバンドボーイに就いたものの、トロンボーンは高額で容易に入手出来ないことが分かると、ドラマーに転身しました。

1962年に「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」のメンバーに加入、以降はコメディアン、俳優、ミュージシャンとマルチに活動しています。

加藤茶が話す方言は福島弁

加藤茶さんは、長年福島県で育ったため福島弁を話します。

ドリフに入ったのも、面白いズーズー弁をしゃべる若者として楽屋で人気がり、スカウトされたのだそうですよ。

加藤茶の本名や名前の由来

加藤茶さんの本名は「加藤 英文 (かとう ひでゆき)」さんと言います。

芸名は、ドリフ加入後に事務所先輩のハナ肇さんが「名前は水物にした方がいい」との勧めがあり、あだ名が『加トちゃん』だったため「加藤茶」になったとのことでした。

加藤茶の父親

加藤茶さんおお父さんは、平八郎さんと言います。

お父さんは、ギタリストでした。

しかし癌を患い、加藤茶さんが物心つく前に亡くなってしまいました。

そのため加藤茶さんは「父のことは何も覚えていません」と明かしています。

加藤茶の母親

加藤茶さんのお母さんは、加藤寿磨子さんと言います。

お父さんが亡くなった後は一人で東京に出稼ぎに行き、加藤茶さんが小学生に入る頃に福島に戻り、飲食店をやりながら加藤茶さんと妹さんを女手一つで育てました。

そんなお母さんは加藤茶さんがお笑い界の頂点を極めていた1980年に脳出血で倒れ、10日後に亡くなりました。

元々お母さんは高血圧だったそうですが、加藤茶さんは大きなショックを受け後を追うことも考えていたそうです。

しかしその気持ちをお坊さんに見抜かれ、「変なこと考えていませんか。お母さんは、あなたに未練がないから、あの世に逝ったんですよ」と諭されたことで後追いを止めることが出来ました。

加藤茶の兄弟や姉妹

加藤茶さんには、妹さんが1人います。

3歳年下とのことですが、一般人のため名前や顔写真などは公開されていません。

まとめ

幼い頃にお父さんを亡くした加藤茶さんは、コメディアンとして活動し日本に多くの笑いを届けています。

これからも、芸能界で輝き続けてほしいですね。

お笑い芸人
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました