記事内にPRが含まれています。

三田佳子の若い頃・病気は治った?出身高校や大学は?本名や性格も

三田佳子の若い頃・病気は治った?出身高校や大学は?本名や性格も 女優
スポンサーリンク

大河ドラマで複数回主演した唯一の女優と言われている三田佳子さんは、どんな人なのでしょうか。

学生時代はどこの学校に通っていたのか、過去に患った病気は何だったのか、気になります。

そこで今回は、三田佳子さんの経歴や出身学校、病気などについて調べてみました。

三田佳子の若い頃がかわいすぎる!

三田佳子さんの若い頃の姿はこちらです。

若い頃からの美貌は今でも変わっていないと思います。

三田佳子の病気は治った?

三田佳子さんは、1996年に子宮体癌が発覚し緊急入院、手術と5度の抗がん剤治療を行いました。

その後2017年10月に頸椎硬膜外膿瘍という病気で首の手術しました。

高齢になった三田佳子さんですが、現在は健康に問題ないそうです。

健康の秘訣については「毎日必ず、納豆にお豆腐、野菜、肉、魚、まんべんなく食べること。体も動かすこと」と明かしていました。

三田佳子の学歴

三田佳子さんが通っていた学校について調べてみました。

三田佳子の出身小学校

三田佳子さんは、兵庫県宝塚市立宝塚第一小学校に進学しました。

その後、大田区立池雪小学校に転校しています。

さらに中野区立桃園第三小学校に転校し、卒業しました。

こちらの学校は2008年3月に閉校しています。

三田佳子の出身中学

小学校卒業後は、東京女子美術大学付属中学校に進学しました。

現在の偏差値は、52です。

中学では演劇部に所属していました。

3年生の時に「児童劇団ちどり」に入団しています。

三田佳子の出身高校

中学校卒業後は、東京女子美術大学付属高等学校に進学しました。

現在の偏差値は、53です。

高校時代はテレビCMに出演していたものの、学業優先のため映画会社からのスカウトは全て断っていました。

三田佳子の出身大学

高校卒業後は、進学していません。

芸能界に入り芸能活動に専念しています。

三田佳子のプロフィールや経歴

名前:三田佳子
生年月日:1941年10月8日
出身地:大阪府
血液型:O型
身長:158cm
所属事務所:プロダクション尾木

1960年に第二東映へ入社した三田佳子さんは、映画『殺られてたまるか』で女優デビューを果たしました。

当初から三田佳子さんは主役級で起用され「東映映画の看板女優」との扱いを受けていましたが、三田佳子さん本人は「大学の洋画科に進んで、趣味で絵が描ける奥さんになるつもりだった」とのことで、当時は女優になった実感がなかったそうです。

それでも数々の作品に出演し、1967年にフリーになるとテレビと舞台を中心に活動を始めました。

1984年には『Wの悲劇』での女優役の演技が高く評価され、各映画賞を受賞、1989年と1990年には『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を2年連続で務めました。

2014年春の叙勲では、旭日小綬章を授章しています。

三田佳子の本名

三田佳子さんの本名は、「石黒嘉子 (いしぐろ よしこ)」さんです。

1974年に結婚し、「高橋」姓になりました。

芸名の「三田」は、慶應義塾大学野球部のファンだったことが由来だそうです。

三田佳子の性格

三田佳子さんの性格について調べてみると、「悪い」という声が聞かれています。

これまでに三田佳子さん自身が大きなトラブルを起こしたことはありませんが、次男の複数回の逮捕がきっかけでバッシングを受けました。

息子に甘い態度を取っていたことから悪いイメージに繋がってしまったようですね。

しかし女優としてはデビューから絶えずオファーがあり、どんな役でも演じ切っています。

元々女優を目指していたわけではなかった三田佳子さんがここまで続けていけたのは、三田佳子さんの努力があったからだと思います。

まとめ

10代の頃から活躍してきた三田佳子さんは、病気を乗り越え今もドラマや映画に出演しています。

これからも健康第一で、三田佳子さんらしく輝き続けてほしいですね。

『プロミス・シンデレラ』はParaviで全話見ることができる!

↓↓U-NEXTを利用するならコチラ↓↓
U-NEXT

女優
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました