シェリル・ムラカミの経歴がすごい!世界的振付師の家族・年齢など調査

あの人は誰だ?

多くの海外の大物アーティストなどの振付を担当しているシェリル・ムラカミさんですが、これまでとは少し違うジャンルの振付もしているのです。

それはフィギュアスケートです。

 

フィギュアスケートの振付となると少しジャンルが違う気もしますが、シェリル・ムラカミさんは、ビヨンセやレディー・ガガの振付を担当するほどの世界的な振付師なのです!

 

今回は、シェリル・ムラカミさんについてお伝えします!

 

シェリル・ムラカミのwikiプロフィール(画像・動画あり)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheryl Murakamiさん(@yosheryl)がシェアした投稿

 

シェリル・ムラカミさんはカルフォルニア出身の日系3世です。

5歳のころからクラッシックバレエを中心にJazz, Tapを学び数々のショーや大会に出演、後にサルサ、Hip Hopにスタイルを移行しています。

ダンスのかなり広いジャンルを網羅しているとも言えますよね!

 

NYで最もリスペクトされる振付師の1人として不動の人気を誇り、NYの人気スタジオ『Broadway Dance Center』の人気講師を10年以上務めてるのです。

Jazzの基礎・柔軟性・表現力を重視した指導やPop&RockのMusicテイストをMixしたダンス、 FunkyかつSexyなダンススタイルがシェリル・ムラカミさんのダンスです。

明るくとアジア人とは思えない強烈なオーラを放つシェリルは世界中のダンサーに高く支持され、数多くの優秀な若手ダンサーを育て上げてきた1人であります。

 

Sheryl Murakami Choreography "When Doves Cry" PRINCE 2018

 

2009年には、日本でも人気の世界的な歌姫であるBEYONCE(ビヨンセ)のMV『Ego』のコレオグラファー兼 COディレクターを勤めています。

 

Beyoncé – Ego

 

それ以外にも『I am Sasha Fierce – World Tour』や『Revel Presents: Beyoncé Live』、『Dance For You (Music Video)』そして『Run the World (Girls) (Music Video)』のコレオグラファーとして『MTV Video Music Award 2011- ベストコレオグラフフィ賞』を受賞しているのです。

 

Beyoncé – Run the World (Girls) (Video – Main Version)

 

ちなみにコレオグラファーというのは、振付師のことを指します!

 

ビヨンセの名前は知っているけどイマイチわからないという方には、これはわかりやすいでしょう。

 

Lady Gaga – Just Dance (Official Music Video) ft. Colby O'Donis

レディー・ガガのデビューアルバムのリード曲ということでも知られている『Just Dance』です。

こちらの振付もシェリルさんが担当しているのです。

 

他にも「Mr.Worldwide」ことPitbullや、Pharrell WilliamsNelly、台湾などのアイドルグループや、数多くの企業CMの振付などを担当しており、文字通り世界的なコレオグラファー(振付師)として活躍しているのです!

 

年齢に関しての情報は、見つかりませんでした。

新たに年齢の情報が入ったら追記します!

 

フィギュアスケート高橋大輔のSPの振付も担当

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheryl Murakamiさん(@yosheryl)がシェアした投稿

ビヨンセやレディー・ガガ の振付をしている人が、フィギュアスケートの振付というのは以外な感じがしないでもないですよね。

しかし、シェリル・ムラカミさんは、元々バレエやジャズダンスもしているので、フィギュアスケートの振付をしても決して不思議ではありません。

 

Daisuke TAKAHASHI – The Phoenix – 2019 FOI (Local Ver.) – 高橋大輔 – フレンズ・オン・アイス

 

今回のショートプログラムに使われる曲はアメリカで人気のFalloutboyの『The phoenix』です。

今年のサマーソニックのヘッドライナーを務めるほどの、ガチなロックバンドの曲をショートプログラムに使用するというチャレンジをしています。

そんなチャレンジにシェリル・ムラカミさんの振付を求めたとなると腑に落ちるような気もしますよね。

 

元々関係があったそうで、今回新しいジャンルに挑戦するということで、シェリル・ムラカミさんに振付をお願いしたそうです。

 

シェリル・ムラカミの家族(画像あり)

 

シェリル・ムラカミさんの家族について調べてみました!

シェリル・ムラカミさんのインスタグラムには、家族との画像や動画も載っています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheryl Murakamiさん(@yosheryl)がシェアした投稿

家族での写真とコメントはしているのですが、真ん中に座っている女の子は姪っ子さんです。

インスタグラムが非公開なので、確認までは取れなかったのですが、女の子のお父さんは、シェリルさんの兄弟で「Matt」さんという方のようです。

 

左に座っている男性は、ゼン・ハオさんという方で、過去にデートしている画像などもあるので、おそらくですがシェリルさんのパートナーのような方のようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheryl Murakamiさん(@yosheryl)がシェアした投稿

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheryl Murakamiさん(@yosheryl)がシェアした投稿

この画像では、自らが「おばさん」だと言っているので、姪っ子さんの可能性が高いと思われます。

姪っ子さんの画像や動画が多く載っていて本当にかわいいのです!

 

娘さんの画像もありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheryl Murakamiさん(@yosheryl)がシェアした投稿

「mini me」などと言っているので、娘さんであることは間違いないでしょう。

シェリルさんと同じようにダンスをやっているということで、「未来のムラカミ」とかなり期待を寄せているようです。

 

シェリル・ムラカミにダンスを教わることができる

 

現在はLAの『Edge Performing Arts Center』を拠点にして、アメリカ国内、ヨーロッパ、 南米、アジアなどの有名スタジオ/ダンスワークショップのゲスト講師として世界中を飛び回っています。
そして日本でも、シェリル・ムラカミさんのワークショップを受けることができるのです!

いまのところ予定などはありませんが、過去には、渋谷にある『DANCE WORKS』や渋谷や横浜にある『REI DANCE COLLRCTION』などでワークショップを行っていたようです。

 

今後もこれらのダンススタジオなどで、ワークショップが行われる可能性もあるので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!

 

まとめ

 

世界で活躍している日本にルーツのあるダンサーというのは、意外と多いのかもしれません。

マイケル・ジャクソンとマドンナが取り合いをしたというケント・モリさんもその一人だと言えます。

 

シェリル・ムラカミさんは、3世で母国はアメリカですが、日本にルーツがあるということで日本人としては注目せずにはいられないですよね。

そんなシェリル・ムラカミさんが振付で競技に挑む高橋大輔さんもどんな結果になるのかとても気になるところです。

 

いまや羽生結弦選手や宇野昌磨選手が中心になっていますが、復活したからには、高橋大輔さんにもぜひ活躍してほしいところですが、そこにシェリル・ムラカミさんの振り付けをした踊りが加わるとなるとなぜかワクワクしてしまいますね。

これからも色々なところでシェリル・ムラカミさんが活躍するでしょうがこれからの活躍も応援したいですね!

 

トップ画像引用元:インスタグラム

 

↓↓高橋大輔選手のアイスダンスのパートナー村元哉中選手について↓↓

村元哉中の身長や彼氏は?アイスダンスの経歴やほくろについてなどを調査
高橋大輔選手が2020年からアイスダンスへ転向すると話題になっています。 アイスダンスを聞いてよくわからないという人は多いかもしれません。 フィギュアスケートの中の1つの競技なのですが、アイスのうえでダンスするんだからフィギュア...

コメント