野田聖子の離婚した元旦那はどんな人?子供や離婚理由なども調査

野田聖子の離婚した元旦那はどんな人?子供や離婚理由なども調査政治関係
スポンサーリンク

 

岐阜県議会議員、郵政大臣、内閣府特命担当大臣などを務めた政治家の野田聖子さんは、2001年に事実婚をするも、2007年に関係を解消しています。

事実婚の相手はどんな方だったのでしょうか。

今回は、野田聖子さんの事実婚や子供について調べてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野田聖子の離婚した元旦那はどんな人?

 

 

野田聖子さんは、2001年に政治家の鶴保庸介さんと事実婚をしました。

鶴保庸介さんは、1998年に第18回参議院議員通常選挙に自由党公認で和歌山県選挙区から出馬、当時最年少の31歳で初当選しました。

2002年には、第1次小泉第1次改造内閣で国土交通大臣政務官(国土関係施策、北海道開発関係施策、研究・学園都市の推進に関する事務等の担当)に任命されています。

そして2016年8月、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)として初入閣しました。

鶴保庸介さんは夫婦別姓を推進する野田聖子さんとは異なり、夫婦別姓制度に反対という立場でした。

野田聖子さんは、自身の生い立ちから「野田姓を残したい」という思いがあり、互いに姓を変えない事実婚という形をとったようです。

 

スポンサーリンク

 

野田聖子が離婚した理由

 

野田聖子さんと鶴保庸介さんは、2007年に事実婚を解消しています。

その理由は、「不妊治療に対する考え方の違い」が大きかったようですね。

鶴保庸介さんは「(野田聖子さんに対し)おれは子づくりの道具じゃないといってしまったこともあった」と明かしており、野田聖子さんの「子供が欲しい」という強い思いが気持ちを離れさせてしまったのかもしれません。

また二人とも政治家で多忙な生活を送っていたため、二人で過ごす時間が少なかったこともすれ違いを大きくさせてしまった原因とのことでした。

 

野田聖子の子供

 

 

野田聖子さんは、鶴保庸介さんとの関係解消後に現在の夫である野田文信さんと出会い、2010年にアメリカ合衆国で卵子提供を受け体外受精を実施し妊娠しました。

そして2011年に長男・真輝さんを出産しています。

長男には重度の障害があり、産まれる前からへその緒の中に肝臓が飛び出す「臍帯ヘルニア」と、本来2本ある心臓につながる血管が1本しかない「心臓疾患」の障害を持っていることが、わかっていたそうです。

生まれた後も、食道と胃が分離する「食道閉鎖症」が見つかり、それが原因で気管軟化症となり呼吸が止まったため、産まれてから2年3か月もの間、病院から1歩も外に出ることなく治療に専念していました。

2013年4月からは家族と一緒に暮らし現在は特別支援学校に通っているとのことでしたが、軽度の知的障害もあるようです。

2019年には「右室肺動脈導管交換術」という手術をしました。

そんな息子さんについて野田聖子さんは、「真輝を障害児と思って育てていない。私にとっては最初で最後の子なので誰かと比べようもないし、『野田真輝』として育てているだけ」と明かしていました。

 

 

まとめ

 

野田聖子さんは、鶴保庸介さんとの事実婚では子供が出来ず、関係も解消することになってしまったものの、現在の夫と出会い、念願の子供を授かることが出来ました。

これからも政治家、そして一人のママとして頑張ってほしいと思います。

 

 

↓↓野田聖子さんの他のことについてはコチラ↓↓

野田聖子の派閥や政策は?出身大学・年齢や年収も調べてみた

野田聖子の夫の野田文信との出会いや馴れ初めについても調査

野田聖子の実家や家系図がすごい!家族についても

野田聖子に似てる芸能人を画像で比較検証してみた

 

政治関係

クリスマスケーキの準備は出来てますか?
KimetsunoYaiba Bunner

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム
タイトルとURLをコピーしました