スポンサーリンク

北大路欣也の経歴やプロフィールについて調査!若い頃イケメンだった!

俳優
スポンサーリンク

話題のドラマやCMに出演していることから幅広い世代から親しまれている北大路欣也さんですが、なぜ俳優になったのか、どんな経歴の持ち主なのか知らない人もいると思います。

そこで今回は、北大路欣也さんの経歴やイケメンといわれている若い頃の画像を紹介します。

 

スポンサーリンク

北大路欣也の経歴やプロフィール

 

 

本名:浅井将勝
生年月日:1943年2月23日
血液型:A型
出身地:京都府
身長:174cm
所属事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

 

映画俳優であった市川右太衛門の次男として生まれた北大路欣也さんは、1956年に映画『父子鷹』で勝海舟の少年時代を演じ、小学6年生(映画公開時は中学1年生)で役者デビューしました。

北大路欣也さんは『東映城のプリンス』として売り出され、父親が東映の役員でもあったことから御曹司として順調にキャリアを積んでいき、1958年には映画『少年三国志』で映画初主演を果たしています。

1963年には映画『海軍』にて現代劇での映画初主演を務めました。

10代から活躍している北大路欣也さんですが、自身は俳優を職業にするつもりはなかったそうで、親に言われていたからやっていたと語っています。

そんな北大路欣也さんは早稲田大学に進学し、大学卒業後の1964年『シラノ・ド・ベルジュラック』で舞台デビュー、1968年大河ドラマ『竜馬がゆく』で主演を務めるなど、俳優として様々な作品に出演し人気を集めました。

1977年、俳優の高倉健さんと映画『八甲田山』に主演すると、その年の日本映画第1位を記録、北大路欣也さんと高倉健さんは、第1回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

また同じく1977年、一般女性と13年という長い付き合いの末にゴールインしており、北大路欣也さんにとってこの1年は仕事もプライベートも好調だったようですね。

時代劇への出演が多い北大路欣也さんですが、2007年はドラマ『華麗なる一族』、2010年は『絶対零度~未解決事件特命捜査~』と現代劇にも出演しています。

2014年の放送されたドラマ『三匹のおっさん』では、35年ぶりに主演を務め話題になりました。

他にも2007年にホリプロへ移籍すると、ソフトバンクモバイルのCMの『白戸家』シリーズで、お父さん犬の声を演じ現在も継続しています。

2015年には、秋の勲章で旭日小綬章を受賞しました。

 

北大路欣也の学歴

 

北大路欣也の中学・高校は曉星

 

北大路欣也さんは、京都市紫竹小学校を卒業、同志社香里中学校に入学しましたが、暁星中学校に編入しています。

 

 

編入は、俳優として東京弁を身に着けるためだったそうです。

北大路欣也さんは絵を描くことが好きだったそうで、中学生の頃に絵画コンクールで知事賞を受賞しました。

その後北大路欣也さんは暁星高等学校に入学・卒業しています。

「都内屈指のおぼっちゃま校」として知られるこちらの学校には、俳優のモト冬樹さんや香川照之さんも通っていました。

 

北大路欣也は早稲田大学出身

 

大学は早稲田大学で、第二文学部(夜間部)です。

 

この第二文学部は、2010年に廃止されてしまったため現在はありませんが、仕事と学問を両立できるということで多くの俳優が通っていました。

 

スポンサーリンク

若い頃はイケメンだった!

 

今でもダンディでカッコイイ役者である北大路欣也さんですが、SNS上では若い頃もとてもイケメンだったと話題になっています。

 

北大路欣也さんの若い頃は、時代が違うということもありますが、今話題になっているイケメン俳優とは違った男らしさを感じる顔ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

北大路欣也さんは父親が役者だったため、俳優の道に進むことになりました。

歳を重ねても精力的に活動していることから、北大路欣也さんの若い頃を知らない世代でも「北大路欣也さんといえばこの作品(CM)だよね」と答えられる数少ない俳優の一人だと思います。

今後も活躍が楽しみですね。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

北大路欣也さんが老人ホームや家族についてはコチラ↓↓

北大路欣也の老人ホームはどこ?嫁(妻)や猫・父や母・子供について

 

俳優
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム