光石研の嫁や子供は?自宅と愛車がすごい!若い頃の画像もカッコよかった

俳優

 



 

名脇役として知られている俳優の光石研さんは、これまでに『アウトレイジ』や『バイプレイヤーズ』、『デザイナー渋井直人の休日』など多数のドラマや映画作品に出演しています。

今回は、そんな光石研さんの家族や自宅、愛車について紹介します。

 

スポンサーリンク

光石研の嫁はどんな人?

 

光石研さんは、29歳の頃に結婚しています。

当時はまだ光石研さんは役者として食べていけるほどではなかったそうですが、それでも結婚したいと思える女性はどんな人なのか、気になりますよね。

そこで光石研さんの奥さんについて調べてみましたが、情報が得られませんでした。

どうやら奥さんは一般人の方で、当時結婚が大きなニュースとして取り上げられることもなかったようです。

光石研さんと奥さんは友人の紹介で知り合い交際に発展しましたが、交際期間については分かりません。

奥さんが一般人だからなのか、光石研さんはあまり家族のことを話しませんが、奥さんは晩酌に付き合ってくれるとのことなので夫婦仲は悪くないようですね。

 

光石研の子供は?

 

続いて、光石研さんの子供について調べてみました。

しかし子供についての情報は一切ありませんので、光石研さんには子供がいないようです。

20代で結婚したとはいえ売れるまで時間がかかっているので、子供を作らないようにしていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

光石研の自宅がすごい!

 

光石研さんの自宅は、東京都世田谷区の閑静な住宅街に佇むマンションです。

天井を抜いて開放感を感じる室内には、直感で買い集めたそれぞれに物語がある家具や、随所にディスプレイされた愛着のあるオブジェが飾られています。

 

引用元:https://www.ideelifecycling.com/interviews/016.html

 

インテリアが好きという光石研さんですが、自宅の写真を見るとセンスがいいですね。

とても自宅がマンションには見えません。

光石研さんはインテリアで最も影響を受けたのは、フィフティーズのカルチャーだと明かしていました。

 

スポンサーリンク

光石研の愛車もすごい!

 

光石 研 | MERCEDES-BENZ 190引用元:https://www.carsensor-edge.net/myedge/05.html

 

光石研さんは車好きだそうで、現在の愛車は63年式のベンツW110です。

子供の頃からアメ車が好きだった光石研さんが初めて買った車は、ベスパ50Sでした。

20代前半でボルボ122S(アマゾン)を手に入れた頃、有名人が愛車を紹介している雑誌を見つけ、そこで日本ではハネベンと呼ばれるM・ベンツW111を見つけるも、お金がなかったため光石研さんの中では憧れの車だったそうです。

40代になったころに、友人から「ハネベンが見つかった」という連絡が入たものの、W114を買った直後だったため1度は断りました。

しかし、2年ほどで我慢できなくなり買い替えを考えていたところ雑誌でハネベンの記事を見つけ、実際にその記事に協力していたお店に行くと、2年前に友人が教えてくれた車でした。

この出会いに運命を感じた光石研さんは、憧れの車とは違うものの、W110を手に入れたのです。

光石研さんはこの車にして仕事の往復が楽しみになったと話していました。

 

スポンサーリンク

光石研の若い頃の画像がカッコいい!

 

光石研さんの若い頃の写真がSNSで話題になっていました。

 

 

若い頃は今と少し雰囲気が異なり、元気な少年という感じがしますね。

今でも素敵な俳優でいられるのは、若い頃から多くの作品で様々な役を演じてきたからなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

光石研のプロフィール

 

 

名前:光石研
生年月日:1961年9月26日
血液型:A型
出身地:福岡県
身長:173cm
趣味:音楽鑑賞、絵画
所属事務所:鈍牛倶楽部

高校在学中の16歳の時、友人に誘われて映画『博多っ子純情』のエキストラオーデションを受けたところ、いきなり主演に抜擢されデビューを果たしました。

 

 

高校卒業後に上京し俳優としての道を歩んでいこうとするも、安定した収入は得られず、2時間ドラマの出演で食いつなぐ日々が続いていきます。

メジャーな作品にも出演することはあったものの、それは事務所の先輩である緒形拳さんのバーター出演であったことが多かったそうです。

30代半ばの1996年、緒形拳さんが出演した映画『ピーター・グリーナウェイの枕草子』に出演すると新鋭の映画監督の作品に出演するようになりました。

1998年には映画『シン・レッド・ライン』のオーデションに合格し、ハリウッドデビューを果たしています。

2019年には、俳優人生40年にして『デザイナー渋井直人の休日』でドラマ初主演を務めました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いきなり映画主演を務めるもその後は決して順調な俳優生活ではありませんでしたが、今では多くの人を楽しませる役者になった光石研さんは、インテリアと愛車でも話題になっていました。

作品の中だけではなく、プライベートでも自分の好きなことを思い切り楽しんでいる姿は素敵ですよね。

今後も光石研さんには好きなことを楽しみ、役者として活躍してもらいたいです。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

出演している『エール』についてはコチラ↓↓

NHK連続テレビ小説【エール】の登場人物・出演者プロフィール記事まとめ

 

出演している朝ドラ『エール』を全話見たい人はコチラから!

 

俳優
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム