記事内にPRが含まれています。

倍賞千恵子の妹は美津子!他の兄弟もすごい!実家や父親と母親について

baishochieko_family 女優

女優の倍賞千恵子さんの家族には、同じく女優として活動している倍賞美津子さんがいます。

さらにお兄さんや弟さん、そしてお姉さんがいることが分かりました。

倍賞千恵子さんの家族は、どんな人たちなのでしょうか。

今回は、倍賞千恵子さんの両親や兄弟、実家などについて調べてみました。

スポンサーリンク

倍賞千恵子の妹は倍賞美津子

倍賞千恵子さんの妹さんは、女優の倍賞美津子さんです。

倍賞美津子さんは、1965年松竹歌劇団に第18期生として入団、同年グランドレビュー『東京踊り』でデビューし、新人賞を受賞しました。

1967年には『純情二重奏』で倍賞千恵子さんと異母姉妹を演じ映画デビュー、『人斬り』で京都市民映画祭の新人賞を受賞、『復讐するは我にあり』でブルーリボン助演女優賞を受賞しています。

二人はとても仲が良く、過去には「居酒屋ばいしょう」というお店をやっていました。

倍賞千恵子の弟(長男)・明は野球ですごい!

倍賞千恵子さんの弟の倍賞明さんは、「日産自動車」硬式野球部の元監督です。

倍賞明さんは、日本大学第三高等学校時代に春夏の甲子園に一塁手、三番打者として連続出場、東都大学野球リーグでは1966年春季リーグで優勝、同年の全日本大学野球選手権大会でも優勝しました。

その後、日産自動車の野球部の監督に就任するも、2019年1月に亡くなっています。

倍賞千恵子の弟(次男)・鉄男はプロレス界で活躍

倍賞千恵子さんの弟の倍賞鉄夫さんは、長年新日本プロレスでリングアナを務め、後に猪木事務所社長に就きました。

そんな倍賞哲夫さんも、2017年8月に天国へと旅立っています。

倍賞千恵子は姉もいる!

倍賞千恵子さんには、お姉さんもいます。

倍賞節子さんという名前ですが、一般人のため情報はありませんでした。

倍賞千恵子の実家

倍賞千恵子さんは、東京都西巣鴨生まれで、北区滝野川で育ちました。

戦時中は茨城県に疎開していたものの、その後は東京に戻り生活していたようです。

実家の詳しい場所については公表されていないため、分かりませんでした。

倍賞千恵子の生い立ち

1941年6月29日に誕生した倍賞千恵子さんは、幼少時は「のど自慢」荒らしとして知られていたそうです。

1954年に「ひばりの赤ちゃん」で歌手デビューを果たし、みすず児童合唱団を経て、1957年に松竹音楽舞踊学校に入学しました。

1960年に同校を首席で卒業し、松竹歌劇団13期生として入団するとすぐに注目を集め、翌年には松竹映画にスカウトされ松竹歌劇団を退団、『斑女』で映画デビューを果たしています。

倍賞千恵子の父親

倍賞千恵子さんのお父さんは、倍賞美悦さんと言います。

職業は、東京都電の運転士でした。

お父さんは秋田県鹿角郡(現:鹿角市)出身で、中学の時に東京に出て、15歳の時に「東京都電」の少年車掌の試験を受けて合格したのだそうです。

倍賞千恵子の母親

倍賞千恵子さんのお母さんは、倍賞(旧姓:青木)はなさんと言います。

お母さんは、茨城県真壁郡大和村(現:桜川市)出身で、小学校卒業後に東京で女子車掌になりました。

まとめ

1941年生まれの倍賞千恵子さんは、戦時中疎開先で生活していました。

苦しく貧しい生活を乗り越え、今も女優として活動しています。

これからも倍賞千恵子さん、そして倍賞美津子さんら家族の幸せと活躍を願っています。

女優
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました