記事内にPRが含まれています。

倍賞千恵子は若い頃がかわいい!身長や年齢・出身高校は?年収も気になる

baishochieko_career 女優

日本アカデミー賞 優秀主演女優賞、毎日映画コンクール女優演技賞などを受賞し多くのドラマや映画に出演している倍賞千恵子さんですが、演技力の高さだけではなく、見た目も「可愛い」、「素敵」と話題を集めています。

そんな倍賞千恵子さんが芸能界で活動するようになったきっかけは何だったのでしょうか。

今回は、倍賞千恵子さんの経歴や出身学高校などについて調べてみました。

スポンサーリンク

倍賞千恵子の若い頃がかわいい!

倍賞千恵子さんの若い頃の姿はこちらです。

とても可愛らしいですね。

倍賞千恵子は今も美人!

倍賞千恵子さんの現在の姿はこちらです。

若い頃の雰囲気とは変わりましたが、今でもチャーミングで魅力的な方だと思います。

倍賞千恵子のプロフィールや経歴

名前:倍賞千恵子
生年月日:1941年6月29日
出身地:東京都
血液型:B型
身長:159cm
所属事務所:ミュージックオフィス合田

1954年に「ひばりの赤ちゃん」で歌手デビューを果たした倍賞千恵子さんは、みすず児童合唱団を経て、1957年に両親からの勧めをきっかけに松竹音楽舞踊学校に入学しました。

そして1960年に同校を首席で卒業、松竹歌劇団(SKD)の13期生として入団しました。

舞台を中心に活動していましたが、松竹映画にスカウトされ松竹歌劇団を退団、1961年に『斑女』で映画デビューを果たし、1963年には『下町の太陽』で主演に抜擢されています。

この作品をきっかけに「下町の太陽」で歌手デビューもし、レコード大賞新人賞を受賞しました。

歌手としては「さよならはダンスの後に」、「おはなはん」、「さくら貝の歌」、「忘れな草をあなたに」などもヒットしています。

映画『男はつらいよ』シリーズをきっかけにさらに人気が高まり、1980年には『遙かなる山の呼び声』や『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』の演技で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、毎日映画コンクール女優演技賞、報知映画賞主演女優賞を受賞しました。

2004年にはアニメ映画『ハウルの動く城』でヒロインであるソフィーの声を担当、主題歌『世界の約束』を歌い、翌年東京アニメアワード声優賞を獲得しています。

2021年に『男はつらいよ お帰り 寅さん』で第44回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞、2022年に『PLAN75』で第14回TAMA映画賞 最優秀女優賞を受賞するなど現在も活動を続けています。

倍賞千恵子の本名

倍賞千恵子さんは、本名で活動していました。

現在は既婚者ということで、本名は「小六千恵子」になっています。

「倍賞」姓は秋田県鹿角郡(現:鹿角市)十和田大湯にルーツを持ち、現在はおよそ330人ほどいるそうです。

倍賞千恵子の年収

倍賞千恵子さんの年収は公表されていません。

女優や歌手として長年活動を続けており、近年はナレーションや声優と声の仕事も多くあります。

若い時のようにドラマや映画に引っ張りだこという活動ではないものの、今でも年収は数千万円ほどあるのではないかと思われます。

倍賞千恵子の学歴

倍賞千恵子さんが通っていた学校について調べてみました。

倍賞千恵子の出身小学校

倍賞千恵子さんは、北区立滝野川第六小学校出身です。

こちらの小学校は2017年に紅葉小学校と統合され、閉校しました。

倍賞千恵子の出身中学

小学校卒業後は、北区立紅葉中学校(現:北区立滝野川紅葉中学校)に進学しました。

中学時代は、体育か音楽の先生になりたいと思っていたことがあったそうです。

倍賞千恵子の出身高校

中学校卒業後は、松竹音楽舞踊学校に進学しました。

こちらの学校は、1933年に松竹少女歌劇団の劇団員養成機関として新設され、1950年代には約20~30倍という高い倍率を誇っていました。

1952年は58名の合格者に対し、1850名の受験者がいたそうです。

しかし1992年に廃校になりました。

倍賞千恵子の出身大学

松竹音楽舞踊学校卒業後、倍賞千恵子さんは松竹歌劇団に入学し活動を始めました。

そのため、大学や専門学校などに進学はしていません。

まとめ

幼い頃から歌が好きで上手だったという倍賞千恵子さんは、松竹歌劇団の団員としての活動を経て、映像の世界に入りました。

舞台経験があるからこそ、若い頃から演技力が高い女優として注目を集めていたのではないかと思います。

これからも倍賞千恵子さんの活躍に、目が離せませんね。

女優
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました