記事内にPRが含まれています。

坂口涼太郎はおねえ?結婚は?実家や父親と母親兄弟・坂口健太郎との関係も

sakaguchiryotaro_family 俳優

多くのドラマや映画で圧倒的な個性で鮮烈な存在感を放ち、バイプレーヤーと言われている俳優の坂口涼太郎さんは、結婚しているのでしょうか。

どんな家庭で生まれ育ったのか、実はオネエなのか、気になりますね。

今回は、そんな坂口涼太郎さんの結婚や彼女、家族、オネエの噂などについて調べてみました。

スポンサーリンク

坂口涼太郎はおねえ?ゲイ?

ネット上では、「坂口涼太郎さんはオネエではないか?」と話題になっています。

口調やファッション、美意識の高さなどがきっかけのようですね。

しかし坂口涼太郎さん自身はオネエやゲイであると公表したことはありません

インタビューでは「“普通”なんてこの世にないし、性別やジェンダーなんて関係なく、その時になりたい自分が世界で最高の自分」と語っており、見た目やキャラクターを決めつけないスタイルでの活動を望んでいるようです。

坂口涼太郎は結婚してる?熱愛彼女は?

坂口涼太郎さんの婚姻歴は公表されていませんが、情報が一切なかったことから現在は独身だと思われます。

交際相手についても週刊誌などで報じられたことはなく、坂口涼太郎さん自身も公表していません。

今は仕事が充実しているということもあり、恋人はいない可能性が高いです。

坂口涼太郎の好きなタイプ

坂口涼太郎さんの好きなタイプは、明かされていません。

インタビューでも恋愛について語ることは少なく、情報がありませんでした。

坂口涼太郎の実家

坂口涼太郎さんは、神奈川県で誕生しました。

その後小学3年生の時に兵庫県神戸市に引っ越し、中学まで神戸市内で過ごしていました。

高校入学後に神奈川県茅ヶ崎市に転居したとのことで、現在の実家は茅ケ崎市内にあるのではないかと思われますが、詳しい場所は公開されていません。

坂口涼太郎の生い立ち

1990年8月15日に誕生した坂口涼太郎さんは、夏の暑い日にもかかわらず白くて涼しい顔で生まれたこと、絵本などで同じ名前(桃太郎や金太郎など)だと楽しいと思ってくれるかもしれないという願いから「涼太郎」と名付けられました。

幼い頃から歌うことが好きで、幼稚園に入る前に初めて子供向けのコンサートへ行くと熱心にステージを見つめ、家に帰ってきてから歌い踊っていたことからコンサートやミュージカル、映画や美術館などへ家族で行くようになったそうです。

幼稚園の時には「サーカス団の人になりたい」と言っていたものの、4年生の時に大阪で見たミュージカル『キャッツ』の楽曲『メモリー』を聴いて号泣、舞台に立つという夢を抱くようになりました。

そして中学生になった時にお母さんに劇団のオーディションを受けることを話すと、お母さんは「あなたがやりたいのはミュージカルでしょ?歌は上手だけど、ダンスも必要だから習ってみたら?」とダンススクールに通うことを提案、そこで偶然見つけたのが俳優の森山未來さんの両親が経営するダンススクールだったそうです。

坂口涼太郎さんはお父さんの仕事の都合で引っ越したため1年ほどしか通えなかったものの、この時の経験がきっかけで17歳の時にオーディションに誘われ合格、ダンサーとして森山未來さん主演・演出のダンス公演『戦争わんだー』に出演し初舞台に立ちました。

坂口涼太郎の父親

坂口涼太郎さんのお父さんは、一般人です。

職業は商社勤めの会社員ですが、名前や会社名、顔写真などは公開されていません。

坂口涼太郎の母親

坂口涼太郎さんのお母さんは、坂口由紀さんと言います。

お母さんも一般人で、専業主婦です。

元々仕事をしていましたが、坂口涼太郎さんを出産した時に「子どもは鍵っ子にしたくない、たとえ生活が苦しくても子育てに専念したい」とお父さんと約束し、専業主婦になったのだそうです。

坂口涼太郎の兄弟や姉妹

坂口涼太郎さんは一人っ子で、兄弟はいません。

ネット上では同じ苗字の坂口健太郎さんとの関係が噂されていますが、二人に血縁関係はありません。

まとめ

一般家庭で育った坂口涼太郎さんですが、両親のサポートがあったからこそ芸能の道に進み、自身の個性を大切にする俳優になることが出来たのだと思います。

これからも坂口涼太郎さんらしさを大切に、活動を続けていってほしいですね。

俳優
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました