記事内にPRが含まれています。

博多大吉の若い頃がかっこいい!本名や年収・出身高校や大学なども

博多大吉の若い頃がかっこいい!本名や年収・出身高校や大学なども お笑い芸人

お笑いコンビ博多華丸・大吉のツッコミ担当として活躍している博多大吉さんですが、司会者としても実力を発揮していています。

芸人イケメンランキングではいつも上位にランクインし、「身長が高くてスマート!」「大人の魅力を感じる」と言われています。

そんな博多大吉さんは若い頃もかっこいいと言われています。どんなイケメンだったのでしょうか?身長はどのくらいあるのでしょうか?

今回は本名や年収・出身高校や大学なども気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

博多大吉は若い頃から高身長でかっこいい!

博多大吉さんの若い頃が、イケメンだったと話題です。

実際に博多大吉さんは、どのようなイケメンだったのでしょうか。

上の画像は、90年代の頃の博多大吉さんの画像です。

今の博多大吉さんの面影もあり、色白でシュッとしたかっこよさがありますね。

博多大吉さんは身長182cmで、相方の博多華丸さんの身長は173cmなので、並ぶと結構な差があるのがわかります。

現在の博多大吉さんも、昔と変わらずスタイルがいいです。

身長が182cmで体重が62kgといわれているので、本当にモデルのようなスタイルですね。

博多大吉のプロフィールや経歴

名前:博多大吉 
生年月日:1971年3月10日
出身地:福岡県古賀市
血液型:O型
身長:182cm
体重:62kg
所属事務所:吉本興業

大学時代に入った落語研究会で、現在の相方である博多華丸さんに出会います。

1990年に地元のオーディション番組で『岡崎くんと吉岡くん』というコンビ名で出場し、吉本興業福岡営業所の1期生に合格しました。

その後、『鶴屋華丸・亀屋大吉』としてデビューします。

福岡のローカル番組に出演し、地元の人気芸人としての地位を築き上げました。

ある日、吉本興業の姓名判断に詳しいパート職員が退職するタイミングで、このようなアドバイスを受けます。

「このままでは絶対に売れない」

「1つ良い名前があるので、改名すれば必ず成功する」

二人はそのアドバイスに従い、2004年に『博多華丸・大吉』に改名しました。

そして2005年、本拠地を東京に移し、『THE MANZAI2014』優勝『IPPONグランプリ』第4回優勝というめざましい活躍で、一躍全国区の人気芸人になったのです。

現在は司会者としての実力も確かなものとして、様々な番組に出演しています。

博多華丸・大吉さんの実力はもちろんすごいですが、アドバイスをくれたパート職員さんの占いの効果もすごいですね。

かつて1年間謹慎していた

博多大吉さんは、1997年から1年間謹慎していました。

謹慎となった原因は、出演していたローカル番組『とことんサンデー』で「アメリカに留学する」という企画が、事務所の了承を得ずに発表されたことでした。

何も聞いていなかった事務所側は、怒り心頭で福岡吉本とテレビ局のトラブルに発展してしまい、このトラブルが解決するまで謹慎処分を言い渡しました。

当時、事務所側と番組側の折り合いが悪く、報連相ができていなかったことが影響したと言われています。

博多大吉さんは事務所の決定に逆らえるわけもなく、1年間謹慎することになります。

この謹慎期間中は『漫才のネタを書いていた』と明かしていて、これまで相方の華丸さんが主導でネタを作っていたのですが、謹慎期間を機に大吉が中心となってネタ作りをするようになったのです。

1年間も謹慎するというのは、なかなか厳しい処分ですが、これをキッカケに大吉さんがネタ作りの中心になって、その後の全国進出があると考えると、博多華丸大吉にとって、決して悪い期間ではなかったのかもしれませんね。

博多大吉の本名

博多大吉さんの本名は吉岡廣憲(よしおかひろのり)さんです。

朝の情報番組『あさイチ』で博多大吉さんの本名が公表された際、『大吉先生は名前難しいんだな』『画数多いな』と反響がありました。

博多大吉の年収

博多大吉さんの年収は、かなりの額ではないかと言われています。

2021年のテレビ出演本数ランキングでは、堂々の第3位(478本)という結果でした。

番組1本のギャラが15万くらいなのではと言われているので、テレビだけでも計算すると、7000万円を超えています。

そして、CMの契約料は人気芸人だと3000万円くらいが相場だという情報もあり、ピンとコンビのCMを合わせて1億円は軽く超えてそうですね!

このように博多大吉さんは人気芸人なのでかなり稼いでいることがわかります。吉本興業の取り分を除いても恐らく1億円は超えているでしょう。

博多大吉の学歴

博多大吉さんの学歴を調べてみました。

どこの学校に通っていたのでしょうか?

博多大吉の出身小学校

博多大吉さんが卒業した小学校は、古賀市立古賀東小学校です。

博多大吉さんが幼い頃、お父さんが定職についておらず、家計が苦しかったそうです。

そのため、給食を残した女子から残った給食をわけてもらい、夕食したこともあったと話しています。

博多大吉の出身中学校

博多大吉さんが卒業した中学校は古賀市立古賀中学校です。

中学生の頃から高校まで、バスケットボール部に所属していました。

中学時代はイケていないグループに属していたと語っている博多大吉さん。

焼却炉で文化祭のゴミ処理をしていたところ、上手すぎて『焼却炉の魔術師』というあだ名がついたと、『アメトーーク』の「中学時代はイケていないグループ芸人」の回で話していました。

中学生の頃に考えていた将来の夢は、プロレスラーだったとも話しています。

博多大吉の出身高校

博多大吉さんの卒業した高校は福岡県立光陵高校・普通科です。

卒業生には、Rin音(ラッパー)さんがいます。

高校に入ってもバスケ部に所属していましたが、強豪校だったため、ずっと補欠で雑用係をしていました。

すると、他校の生徒が大吉さんの姿を見て捕虜のようだということで、『捕虜』と呼ばれていたと話してます。

高校時代は、おニャン子クラブが好きで、中でも新田恵利さんのファンでした。

高校卒業前には、社員として新日本プロレスをサポートしたいと履歴書を送りましたが、残念ながら大卒資格が必要だったので、大吉さんの希望は叶いませんでした。

博多大吉の出身大学

博多大吉さんは、推薦入学で福岡大学経済学部に進学しています。

実家が貧しかったために、大学進学は考えていなかったのですが、熱心に大学進学を勧められ推薦入学することにしたそうです。

しかし、お笑い芸人になるために、1年で大学を中退しています。

大学では、プロレス研究会に入りたいと考えていたのですが、プロレス研究会が福岡大学にはなく、落語研究会に所属することにしました。

その落語研究会で、博多華丸さんと出会いました。

まとめ

博多大吉さんは博多華丸さんに出会い、大学を中退してお笑いの道へ進みました。

福岡時代の謹慎や、事務所のパート職員さんからの改名アドバイスのことなど様々なことを乗り越えて今の博多華丸・大吉さんがあるということがわかりました。

現在の活躍ぶりをご本人も当時は、想像できなかったでしょう。

博多大吉さんの身長は182cmで、現在もスラっとしたモデル体型で、若い頃もかっこいい博多大吉さんですが、これからもスマートなMCや漫才で活躍する姿に注目です。

お笑い芸人
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました