大谷翔平の出身中学や高校・身長や年齢・性格など今さら聞けないこと!

大谷翔平の出身中学や高校・身長や年齢・性格など今さら聞けないこと!野球
スポンサーリンク

 

メジャーリーグ界で二刀流として大活躍する『大谷翔平』さん。

走攻守の全てに優れた野球選手で、日々新しい歴史を作ってますね。

そんな大谷翔平さんの身長や出身中学・高校など、簡単な経歴をご紹介!

世界で活躍する超有名人の、今さら聞けないプロフィールをまとめてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大谷翔平の学歴

 

 

ピッチャーとバッターの二刀流として、メジャーリーグで大活躍の大谷翔平さん。

いくらプロの投手でも先発した翌日は、全身筋肉痛で動けなくなるのが普通なんだとか。

それなのに登板した翌日に打者として、ホームランを放つんですから正に凄い偉業ですね。

ではそんな大谷翔平さんは、どちらの学校に通っていたのか見ていきましょう。

 

大谷翔平の出身小学校

 

大谷翔平さんが通ってたのは、地元の岩手県にある『奥州市立姉体小学校』です。

小学2年の終わりに『水沢リトルリーグ』へ入り、野球を始め全国大会にも出場しました。

そして小学校5年の時に、岩手県営野球場でなんと時速110㎏/hを記録!

当時のキャッチャーが、思わず体をのけぞってしまうほどの球速だったそうです。

子供の頃から誰よりも練習をし、実力をつけていったんですね。

 

大谷翔平の出身中学

 

小学校卒業後は、公立の『奥州市立水沢南中学校』に通ってました。

中学校時代は『一関リトルシニア』に所属し、エースとして全国大会に出場。

この頃には球速130㎏/hを出し、またバッティングでも伝説を残していました。

 

  • センターオーバーのホームランボールが、場外の信号機に当り破壊した
  • ライト側へ場外ホームランを連発し、監督から球がなくなるのでレフト側へ打つように言われた直後、レフト側に場外ホームランを打った
  • 打力が強すぎるので投手が怪我しないように、ピッチャーライナーは禁止されていた

 

中学生の頃から、既に二刀流で活躍する片鱗が伺えますね。

そんな大谷翔平さんが憧れてたプロ野球選手は、打者が『松井秀喜』さん。

投手では『ダルビッシュ有』さんだったそうです。

そして高校は同郷の『菊池雄星』さんへ憧れ、強豪校へ進学しました。

 

大谷翔平の出身高校

 

高校野球名門校で、”逆転の花巻東”と呼ばれる『花巻東高等学校』へ進学。

1年の夏頃までは成長期ということで、野手として起用され秋からエースとして活躍。

すると最速147km/hを記録し、2年の春には最速151km/hを記録して『みちのくのダルビッシュ』と呼ばれました。

少年時代に憧れてた選手名で異名が付くなんて、大変嬉しいことでしょうね。

そんなエリートコースまっしぐらな高校2年の時、怪我のため半年間も投球練習が出来ない時期があったとか…。

しかし当時ガリガリだった大谷翔平さんは、治療期間中に体を大きくするため食べて寝て20㎏増量!

この怪我があったおかげで、二刀流として活躍できる体が出来上がったんです。

まさしく怪我の功名といえますね。

 

そして高校3年の時には、当時のアマチュア最速となる時速160㎏/hをマーク!

甲子園では結果を残せませんでしたが、高校生の頃からメジャーリーグのスカウトマンにマークされる選手でした。

では野球を始めた頃から凄かった、大谷翔平さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

 

 

今さら聞けない大谷翔平のプロフィールや経歴

 

 

名前:大谷翔平(おおたにしょうへい)
生年月日:1994年7月5日(執筆時27歳)
出身地:岩手県奥州市
身長:193㎝
体重:102㎏
血液型:B型
投球/打席:右投左打
所属球団:ロサンゼルス・エンゼルス

 

現在の奥州市となる岩手県水沢市で、スポーツマン一家に生まれ育った大谷翔平さん。

兄と姉を持つ3兄弟の末っ子で、小学生の時にはゴールデンレトリバーを飼ってたそうです。

『翔平』という名前の由来は、地元の奥州平泉と源義経が関係してるとか。

義経が戦う時の飛翔の”翔”と、平泉の”平”から父親が名付けました。

そして学生時代は練習漬けの毎日でしたが、成績も良くて常に学年トップ10入りだったとか。

高校生の頃からメジャー入りを意識し、ドラフト会議前にもアメリカで挑戦したいと公言。

マイナーからのスタートだったとしても、アメリカで野球がしたいと表明されました。

ところが2012年のドラフト会議で、『北海道日本ハムファイターズ』から1位指名!

当初の大谷翔平さんはメジャー挑戦への意志が固く、日ハムの1位指名挨拶も断ってました。

しかしその後、4度の入団交渉を両親交えて行い、日ハムから提示された『二刀流育成プラン』と背番号『11』を受け入れることに。

 

入団以降は二刀流の選手として活躍、2014年には「2桁勝利・2桁本塁打」を達成!

また2016年には、日本人最速の165km/hとなる球速もマーク。

最多勝利・勝率やベストナインなど、数多くのタイトルも獲得されました。

そして2017年に、ポスティングシステムで『ロサンゼルス・エンゼルス』へ移籍。

翌年から投打で活躍し、メジャーリーグの新人王を受賞されてます。

また2021年のオールスター戦では、投手がホームランダービーに選出され話題になりました。

大谷翔平さんの才能に、野球ファンはまだまだ驚かされそうですね。

そして最近は野球センスだけじゃなく、性格も話題になってました。

 

スポンサーリンク

 

大谷翔平の性格

 

 

大谷翔平さんが野球に対して真面目で、そして無趣味というのは有名な話。

日ハム時代の給料は両親に預け、お小遣いの10万円だけで足りるほど外出もしなかったとか。

そして誰とでも分け隔てなく話す性格で、皆から親しまれる愛されキャラのようです。

またメンタルが強く、先輩にも平気でイタズラをしたりイジったりするとか。

チームメイトのホセ・イグレシアス選手も、人として素晴らしいと大谷翔平さんの人柄を大絶賛。

最近ではプレー中の律儀でマナーが良い姿を、メジャーリーグで報じられるほどです。

野球だけじゃなく、1人の人間としても超一流なんですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

「大谷翔平の出身中学や高校・身長や年齢・性格など今さら聞けないこと!」をお送りしました。

野球を始めた頃から突出した才能で、数々の記録を塗り替えてきた大谷翔平さん。

メジャーリーグ界の長い歴史に、その名前があといくつ刻まれるのか楽しみです。

これからも大谷翔平さんの活躍に、期待して応援していきたいと思います。

 

 

↓↓大谷翔平さんの他のことについてはコチラ↓↓

大谷翔平のアメリカの自宅や愛車の噂を調査

大谷翔平の筋肉がすごすぎる!学生時代から比較してみた

狩野舞子と大谷翔平の馴れ初めや匂わせの真相

大谷翔平の熱愛彼女や元カノや好きなタイプも調査

大谷翔平の両親はどんな人?幼少期の育て方がすごい

大谷翔平の兄・龍太も野球で活躍!職業・嫁や子供についても

大谷翔平の姉は結香も身長が高い?結婚した旦那も調査

大谷翔平に似てる芸能人を画像で比較検証してみた!

 

↓↓大谷翔平さんの専属通訳の水原一平さんについてはコチラ↓↓

水原一平の身長や年収・出身高校や大学について

水原一平の嫁が超美人!馴れ初めや子供ついて

 

野球

クリスマスケーキの準備は出来てますか?
KimetsunoYaiba Bunner

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム
タイトルとURLをコピーしました